大阪の貸店舗・テナント

引き渡し条件「スケルトン渡し」と「工事負担区分」

今回は前回の内、引渡条件の内の「スケルトン渡し」と「工事負担区分」についてお話いたします。

「スケルトン渡し」とは、賃貸区画を設備等の何もない状態で引き渡すことです。このメリットは自由に店舗の設計ができることです。

ここで、押さえておきたいポイントは、賃借人と賃貸人の工事の負担区分です。
一般的にA工事・B工事・C工事という3区分に区分けされます。

A工事

ビル本体の工事で賃貸人(ビルオーナー)が費用負担して、施工する工事です。設計施工も賃貸人(ビルオーナー)の設計施工業者が行います。標準的な設備等(メーター設置等)

B工事

A工事に追加する工事等、賃借人(テナントオーナー)からの要望で賃借人(テナントオーナー)が費用負担して、施工する工事です。

(分電盤、給排水工事、防水工事、厨房給排気工事・防災・空調設備等のA工事の追加変更工事等)設計施工は賃貸人(ビルオーナー)の設計施工業者が行います。

C工事

賃借人(テナントオーナー)が賃貸人(ビルオーナー)の承諾承認を得て、賃借人(テナントオーナー)の費用負担で施工される工事です。設計施工は賃借人(テナントオーナー)の設計施工業者が行います。(店舗内内装工事、什器備品、照明器具、電話工事等)

工事内容の区分については、事前の打ち合わせが必要です。
契約解約の際にも、原状回復義務と大いに関係しますので、注意が必要です。

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|

店舗開業コラム執筆者
コラム執筆:田中敬介
(不動産営業経験 15年)

 
 
お客様の信頼を大切に、スピーディーな対応を。

店舗不動産は、これからの収益を考えると慎重な判断が必要です。メリット・デメリットはもちろん、運営面を考慮した店舗を持っていただくために、「より早く」「より分かりやすく」「より丁寧」なサポートを心がけています。

LinkIconお問い合わせ

今すぐ知りたい、ISO不動産独自の貸店舗不動産エリアマーケティングリサーチ

エリアマーケティングリサーチから店舗物件情報を一定期間ご提供新たに店舗を開業したいオーナー様向けに
旬の貸店舗情報を「一定期間」ご提供。
 
人気の貸店舗は不動産市場に登場する前に、借り手がついてしまいます。ISO不動産では、これまで貸店舗物件ご紹介・施工・運営の実績に加え、ほかのサイトに無い独自店舗物件情報もございます。
ご連絡・ご登録いただいた段階で、瞬時にエリアに対して強力マーケティングリサーチをかけ、貸店舗情報を一定期間ご提供いたします。
エリアマーケティングリサーチに登録

貸店舗・テナントの情報は、お問い合わせのタイミングですべてが決まります。
瞬時にエリアに対して強力リサーチ、貸店舗情報を一定期間ご提供します。
まずはご登録ください。
店舗物件お問い合わせお電話でのお問い合わせ
ISO不動産のエリアリサーチによる店舗物件情報をお知らせいたします。

店舗関連ニュース

新着ニュースななめ読み


Googleニュース
※各フィードは Googleニュースに帰属します。

店舗開業サポートコラム

ISO不動産コラム全ジャンルへLinkIcon

お探しの不動産は見つかりましたか?お問い合わせで確実・最新情報を。

不動産アドバイス
お問い合わせで、お客様に代わって物件のリサーチを続け、市場に登場すればすぐにご案内いたします。
私たち不動産アドバイザーが、ご要望を細かくお伺いし、様々な切り口からあなたに合った物件をご提案いたします。

LinkIconこちらからお問い合わせください