大阪の貸店舗・テナント

改装費等の初期費用を抑える方法(2)居抜き物件

前回に続きイニシャルコスト低減のお話です。

今回はよく聞く「居抜き」物件についてです。

居抜きとは読んで字のごとく、居た物件をそのままでということですが、簡単に開業できるように思えて、探していくと、実は程度の問題にぶち当たります。当然ながら不動産業界では、使えるわけがないと判断できる物件は「居抜き」物件として流通しませんが、使えるであろう物件も使用期間・使用頻度によってかなり違いがあることを覚えておきましょう。

また、その造作や設備等を権利として買ってほしいという話が付随することがあります。
特に程度が良く、そのまま使えるという物件については、こういった話をよく聞きます。

【注意点】は以下の通りです。

① 使用状況をよく確認する
チェックにチェックを重ね、よく確認する。
② 契約書
権利売買の契約書を締結し、造作等の譲渡を明文化する。
③ オーナー承諾
貸主、オーナーの事前承諾を取得する。
④ 解約時の明渡について
譲渡を受けた造作等についても解約時に撤去のうえ、スケルトンにて明渡さなければならないことに留意する。

また、どういった理由で前借主が廃業したのかも確認も大切です。居抜き物件を借りるには、このほかにも押さえておきたいポイントが存在します。詳しくは、是非ご相談ください。

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|

店舗開業コラム執筆者
コラム執筆:田中敬介
(不動産営業経験 15年)

 
 
お客様の信頼を大切に、スピーディーな対応を。

店舗不動産は、これからの収益を考えると慎重な判断が必要です。メリット・デメリットはもちろん、運営面を考慮した店舗を持っていただくために、「より早く」「より分かりやすく」「より丁寧」なサポートを心がけています。

LinkIconお問い合わせ

今すぐ知りたい、ISO不動産独自の貸店舗不動産エリアマーケティングリサーチ

エリアマーケティングリサーチから店舗物件情報を一定期間ご提供新たに店舗を開業したいオーナー様向けに
旬の貸店舗情報を「一定期間」ご提供。
 
人気の貸店舗は不動産市場に登場する前に、借り手がついてしまいます。ISO不動産では、これまで貸店舗物件ご紹介・施工・運営の実績に加え、ほかのサイトに無い独自店舗物件情報もございます。
ご連絡・ご登録いただいた段階で、瞬時にエリアに対して強力マーケティングリサーチをかけ、貸店舗情報を一定期間ご提供いたします。
エリアマーケティングリサーチに登録

貸店舗・テナントの情報は、お問い合わせのタイミングですべてが決まります。
瞬時にエリアに対して強力リサーチ、貸店舗情報を一定期間ご提供します。
まずはご登録ください。
店舗物件お問い合わせお電話でのお問い合わせ
ISO不動産のエリアリサーチによる店舗物件情報をお知らせいたします。

店舗関連ニュース

新着ニュースななめ読み


Googleニュース
※各フィードは Googleニュースに帰属します。

店舗開業サポートコラム

ISO不動産コラム全ジャンルへLinkIcon

お探しの不動産は見つかりましたか?お問い合わせで確実・最新情報を。

不動産アドバイス
お問い合わせで、お客様に代わって物件のリサーチを続け、市場に登場すればすぐにご案内いたします。
私たち不動産アドバイザーが、ご要望を細かくお伺いし、様々な切り口からあなたに合った物件をご提案いたします。

LinkIconこちらからお問い合わせください