収益物件選びのポイント:減価償却

減価償却とは?


減価償却という言葉を調べると、「定額法」「法定耐用年数」「建物減価償却」「設備減価償却」などなど難しい単語が出てきますが、減価償却とは、

「建物・設備の価値が年々目減りする分(価値が減る)を経費として認めてくれる」

と考えていただければ良いと思います。

では実際にどういうことかと言いますと、年間家賃収入から年間経費を差し引いた額(実収入)が100万円だとします。税務署が認めてくれる減価償却費が50万円だとすれば、100万円−50万円=50万円 が課税ベースの年収ということになります。

所得税は50万円に課税されるわけです。まさしく節税です。但し、減価償却費は実際には支出を伴いませんので100万円は手元に残るということです。

収益物件を所有される上では非常に重要な【減価償却費】です。
蛇足ですが、土地は減価償却できません。土地は年々価値が減ったりしませんから……。

次回は、どんな場合でも減価償却が適用されるのかを、お送りします。

LinkIcon次の記事へ

コラム執筆者写真
コラム執筆:田中敬介
(不動産営業経験 16年)


お客様の信頼を大切に、スピーディーな対応を。

不動産は、大きな買い物です。ご納得いただいた上で、ご契約していただくために「より早く」「より分かりやすく」「より丁寧」なサポートを心がけています。

LinkIconお問い合わせ

収益物件コラム

はじめての不動産投資用マンション・収益物件

賃貸マンション管理委託システム

個人投資家向け収益物件シミュレーション