収益不動産の市況

今回は、過去10年における不動産市況をご確認いただければと思います。
主観的要素が入っておりますので、あくまでご参考までにお願い致します。

年代 主な出来事 収益不動産の動向
2003 りそなホールディング19,600億円公的資金注入決定
地デジ化放送開始
J-REIT、私募ファンドの活況
2004 鳥インフルエンザ79年ぶり発生
狂牛病による輸入牛肉停止
不動産バブル再燃か?!
事業用資産から収益用不動産へシフト
2005 JR福知山線脱線事故 収益物件市況活況
2006 ライブドアショック
マンション耐震強度偽装問題
2007 郵政民営化スタート
サブプライム問題
2008 リーマンブラザーズ破綻
㈱アーバンコーポレイション倒産
日経平均7,000円割れ
リーマンショックによる影響
ニューシティレジデンス破綻
ファンド系物件の一般市場への流通
2009 民主党政権交代
日航会社更生法申請
ゼネコン、不動産会社の破綻相次ぐ
収益不動産供給増
2010 中国GDP世界2位へ
2011 欧州経済危機
東日本大震災、福島原発問題発生
大阪の不動産需要が一時的に増
震災の影響?
2012 ロンドンオリンピック
衆院選により自民党圧勝
2013 アベノミクス効果?
不動産融資増
2014 消費税8% 収益物件価格高騰


ざっくり振り返ってみてもこの10年で大きな山と大きな谷を経験しました。
収益不動産(実物)の運用においては、売却や買い替えのタイミングも必要になることから、市況を見極める判断も必要になってきます。

コラム執筆者写真
コラム執筆:多田羅健司
(不動産営業経験 12年)


お客様第一主義。全力でお応え致します。

お客様にとって大切な住宅という財産・お住まいをご紹介させていただく責任ある仕事です。お客様にご満足いただけるよう、全力を持って住み替えのお手伝いをさせていただきます。

LinkIconお問い合わせ

収益物件コラム

はじめての不動産投資用マンション・収益物件

賃貸マンション管理委託システム

個人投資家向け収益物件シミュレーション