収益物件購入時の注意点 土地境界確認

引き続き収益物件購入に際しての細かな注意点についてお話して参ります。

「土地境界確認」について基本的なことからお話いたします。
購入する物件の土地と隣接地との境目がはっきりしているか?
(所有者がお互いの境界を認めていることが必要)

次に挙げる項目をご確認ください。

  • 筆界確認書(ここが土地の境界であると認めた書類)は存在する?
  • ある場合、筆界確認書が有効ですか?
  • 道路明示はありますか?(道路と土地の境界。道路対側の方の立会も必要)
  • 地積(登記簿の土地面積)が更正登記済でしょうか?

なぜ、土地の境界確認が必要なのでしょうか?

土地の境界がお互いに確認されていない場合、紛争につながる可能性があるからです。今までは昔からの土地所有者だったから言わなかったが、実は本当の土地境界は違う。といったケースです。

土地境界の確定は非常に厄介で、労力と費用を要します。
これから不動産運用だという時に無駄を避けるためにも、事前のご確認を!

次回は越境物のお話をいたします。

LinkIcon次の記事へ

コラム執筆者写真
コラム執筆:田中敬介
(不動産営業経験 16年)


お客様の信頼を大切に、スピーディーな対応を。

不動産は、大きな買い物です。ご納得いただいた上で、ご契約していただくために「より早く」「より分かりやすく」「より丁寧」なサポートを心がけています。

LinkIconお問い合わせ

収益物件コラム

はじめての不動産投資用マンション・収益物件

賃貸マンション管理委託システム

個人投資家向け収益物件シミュレーション