カテゴリー別不動産投資の魅力

今回は、不動産投資の対象をカテゴリー別にし、特性をまとめてみました。
不動産投資の魅力は利回りにあるといわれておりますが、投資対象によってもその魅力は変わってくると思います。

マンション(区分所有)

対象:1ルーム、ファミリー

メリット

  • 流動性が高い
  • 少額から始められる
  • 建物の評価が土地に比べて高い(減価償却に有利)
  • 管理修繕の手間がかからない

デメリット

  • 他の物件種類に比べ収益性は低い
  • ファミリータイプは改装費にコストがかかる
  • 退去~入居までは1室ため、収益は確保できない

 

マンション(1棟)

対象:SRC、RC、鉄骨、木造

メリット

  • 賃料相場が読みやすい
  • 区分所有物件に比べ収益性は比較的高い
  • 空室の分散が図れる
  • ビルに比べ流動性は高い

デメリット

  • 維持管理に手間とコストがかかる
  • 大規模修繕等が必要である

 

ビル(事務所・店舗)

対象:オフィスビル、商業ビル、レジャービル

メリット

  • 入居者にもよるが、比較的長期で安定した収益が確保できる
  • 原状回復は入居者負担が多い
  • 規模によっては、知名度が得られる

デメリット

  • 1棟マンション以上に維持管理に手間とコストがかかる
  • 立地や規模によるが、物件価格は高額になる場合がある
  • 大規模修繕が必要である

 

ホテル

対象:ビジネスホテル・ラブホテル

メリット

  • 高収益が期待できる

デメリット

  • 立地条件に左右されやすい
  • 流行に左右されやすい
  • 維持管理コストが高い

コラム執筆者写真
コラム執筆:多田羅健司
(不動産営業経験 12年)


お客様第一主義。全力でお応え致します。

お客様にとって大切な住宅という財産・お住まいをご紹介させていただく責任ある仕事です。お客様にご満足いただけるよう、全力を持って住み替えのお手伝いをさせていただきます。

LinkIconお問い合わせ

収益物件コラム

はじめての不動産投資用マンション・収益物件

賃貸マンション管理委託システム

個人投資家向け収益物件シミュレーション