収益物件購入時の諸費用 ランニングコスト(電気代・水道代・電話料金・ガス代)

引き続きランニングコストについてお話してまいります。

今回は電気代、水道代、電話料金、ガス代などについてです。

各貸室のこれらの利用料金は当然賃借人(入居者)が支払います。
しかし、共用部分は所有者の負担部分です。廊下の電気、エレベーターの電気掃除の際の水道代、ここまでは良く分ります。

では電話代って?

と思われるのではないでしょうか。これは、機械警備の通信料金です。
一般的には2,000円から2,500円ぐらいになるかと思います。
購入の際はあまり表に出てきませんが、経費は経費です。ご考慮ください。

また、ガス代は

これは共用部分にガス施設がある場合です。
たとえばガス乾燥機(コインランドリー)などです。珍しいですが・・・

先ほどお話いたしました水道代ですが、購入の際に皆様がご覧になるレントロールを見てください。水道料込みでレントロールが記載されている場合があります。ほとんどがワンルームマンション等の単身用ですが、この場合、水道料金を試算計上する必要があります。

水道代は契約者負担ですが、レントロールに含まれていれば、1室当り1,575円は経費としてください。(これは、2以下の使用料の場合の基本使用量です。)

特殊なケースも考えられますが、このあたりを押さえていただけば大丈夫でしょう。

次回も引き続き、ランニングコストです。

LinkIcon次の記事へ

コラム執筆者写真
コラム執筆:田中敬介
(不動産営業経験 16年)


お客様の信頼を大切に、スピーディーな対応を。

不動産は、大きな買い物です。ご納得いただいた上で、ご契約していただくために「より早く」「より分かりやすく」「より丁寧」なサポートを心がけています。

LinkIconお問い合わせ

収益物件コラム

はじめての不動産投資用マンション・収益物件

賃貸マンション管理委託システム

個人投資家向け収益物件シミュレーション