収益物件購入時の諸費用 ランニングコスト(固定資産税)

実際運営するに当り、月々(日々)経費がかかります。
これがランニングコストです。

電気代・水道代・日常清掃・機会警備費用・エレベーターメンテナンス・法定点検費用・共用部分定期清掃費・電球の交換・自動ドアメンテナンス・退去後の室内改装費・入居募集にかかる広告料等の経費・火災保険料などなどです。

その他にもう一つ重要が経費があります。
それは固定資産税です。これは所有不動産に係る資産税です。

評価額を基準に課税標準額が算出されて、税額が決定します。

物件購入の際には、かなりの経費負担となりますのでご注意ください。

単なる表面利回りだけではなく、
賃料収入から上記のランニングコストを差し引いたうえでの実質利回りを考察することも非常に重要です。

さて、次回からもランニングコストについてさらに詳しくお話してまいります。

LinkIcon次の記事へ

 

コラム執筆者写真
コラム執筆:田中敬介
(不動産営業経験 16年)


お客様の信頼を大切に、スピーディーな対応を。

不動産は、大きな買い物です。ご納得いただいた上で、ご契約していただくために「より早く」「より分かりやすく」「より丁寧」なサポートを心がけています。

LinkIconお問い合わせ

収益物件コラム

はじめての不動産投資用マンション・収益物件

賃貸マンション管理委託システム

個人投資家向け収益物件シミュレーション