収益物件購入時の諸費用 イニシャルコスト

今回は今までお話した内容以外のイニシャルコストについてお話いたします。

まず、登記の際、司法書士先生に支払う報酬があります。報酬額は取引額及び処理する内容によって違います。事前にご確認ください。

次に抵当権設定における登録免許税です。

抵当権設定額の0.4%が登録免許税です。
例えば、200,000,000円を借入れ、抵当権設定される場合は
200,000,000×0.4%=800,000円が抵当権設定に係る登録免許税として必要となります。

次に、お取引される金融機関によって異なりますが、担保評価に係る担保調査手数料、融資を受けられる際の融資事務手数料等の経費が必要となる場合がございます。
金融機関に事前にご確認ください。

ここまでが購入時の経費となります。

参考:初期費用はいくら?

LinkIcon次の記事へ

 

コラム執筆者写真
コラム執筆:田中敬介
(不動産営業経験 16年)


お客様の信頼を大切に、スピーディーな対応を。

不動産は、大きな買い物です。ご納得いただいた上で、ご契約していただくために「より早く」「より分かりやすく」「より丁寧」なサポートを心がけています。

LinkIconお問い合わせ

収益物件コラム

はじめての不動産投資用マンション・収益物件

賃貸マンション管理委託システム

個人投資家向け収益物件シミュレーション