不動産投資の魅力(キャピタルゲインとインカムゲイン)

どのような仕組みからリターンが発生するのか

はじめに

これまで不動産投資におけるリスクをいろいろとご説明いたしましたが、今回からリターンに迫っていこうと思います。

どのような仕組みからリターンが発生するのか、しっかり把握していきましょう。
これからが不動産投資の醍醐味です!

投資に興味のある方は、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」という2つの言葉を聞いたことがあると思います。あらゆる金融商品に共通するリターンですが、この2つのリターンが不動産投資にも当てはまります。

「キャピタルゲイン」とは、保有している資産の価格が変動することによって得られるリターンのことです。株式投資を例にあげると、1株=1,000円で購入した銘柄が1年後に1,200円に上がった時点で売却したとします。この場合、1株あたり200円の利益を受けることができます。この利益が「キャピタルゲイン」で、保有資産を売却した時点で発生します。

一方、「インカムゲイン」とは、資産を保有することで得られるリターンのことをいいます。たとえば、株式投資の配当金、投資信託の分配金、FXのスワップ金利によって得られた利息、銀行預金の利息もこれにあたります。いずれも資産を保有することで得られるリターンです。

では、不動産投資に置き換えた場合、この2つのリターンはどのような形で発生するのでしょうか。

次回より、不動産投資における「キャピタルゲイン」「インカムゲイン」この2つの真髄に迫っていこうと思います。

LinkIcon次の記事へ

 

コラム執筆者写真
コラム執筆:多田羅健司
(不動産営業経験 12年)


お客様第一主義。全力でお応え致します。

お客様にとって大切な住宅という財産・お住まいをご紹介させていただく責任ある仕事です。お客様にご満足いただけるよう、全力を持って住み替えのお手伝いをさせていただきます。

LinkIconお問い合わせ

収益物件コラム

はじめての不動産投資用マンション・収益物件

賃貸マンション管理委託システム

個人投資家向け収益物件シミュレーション