収益物件購入時の諸費用 登録免許税

収益物件を購入する際には、様々な費用がかかります。これら諸費用は、物件価格のおよそ7%〜10%程度と言われています(物件により異なります)。

では、そらら諸費用とはどんなものなのか、内訳から見ていきましょう。
購入時の必要な初期経費は、一般的に次の通りです。

まず、税金関係からお話いたします。
一般住宅を購入される場合は、かなりの税負担軽減措置がありますが、収益不動産購入の場合はかなりの税負担があります。

登録免許税は、不動産物件の登記の際にかかる費用のことで、その計算式は次のとおりです。

土地評価額×1%+建物評価額×2%

たとえば、2億円の物件が土地4000万円の評価額、建物6000万円の評価額の場合は、

4000万円×1%+6000万円×2%=160万円となります。

今後、収益不動産購入に係るイニシャルコスト(初期経費)、そしてランニングコスト(運営経費)についてお話してまいります。

LinkIcon次の記事へ

 

コラム執筆者写真
コラム執筆:田中敬介
(不動産営業経験 16年)


お客様の信頼を大切に、スピーディーな対応を。

不動産は、大きな買い物です。ご納得いただいた上で、ご契約していただくために「より早く」「より分かりやすく」「より丁寧」なサポートを心がけています。

LinkIconお問い合わせ

収益物件コラム

はじめての不動産投資用マンション・収益物件

賃貸マンション管理委託システム

個人投資家向け収益物件シミュレーション