収益物件としてのタワーマンション

分譲マンション(タワーマンション)を所有し、分譲賃貸収益を確保する事についてお話します。
まず、一棟ものの収益物件と比べ、手間がかからないことが最大のメリットです。
次に、将来の売却の際、流通性に富むということも優位な点です。

分譲マンションは、管理組合が存在し運営を行うという形が一般的かと思います。
当然、管理費・修繕積立金の支払いは必要となりますが、わずらわしいトラブルに巻き込まれることはまずないでしょう。

しかし、高収益率を望むことはできません。

一定のリスクのある投資商品と併せて、現物不動産のポートフォリオに組み込んでいただければ、その存在価値は大いに有益なものとなります。

但し、現物不動産なら何でも良いという訳ではありません。
立地、建物価値、ソフトサービス(コンシェルジュ等に代表される)等の付加価値を見極め、是非ご検討いただきたいと思います。

私のおすすめは「ザ・梅田タワーの4106・4107号室」です。

現在空室ですが、月額賃料で最低540千円が確保可能です。年収で6,480千円となり
物件価格140百万円から表面利回り4.6%を確保します。

今後の「ザ・梅田タワーの4106・4107号室」の不動産価値については、立地条件のよさ、ソフトサービス、物件グレードのすべてにおいて優位性を確保できるものです。

賃料の下落リスクにつきましても建築後5年が経過し、一定の落ち着きを見せ始めております。ローリスクの最たる物件と評価できるものと確信しております。

是非ご検討ください。

LinkIconザ・梅田タワーの4106・4107号室
 

コラム執筆者写真
コラム執筆:田中敬介
(不動産営業経験 16年)


お客様の信頼を大切に、スピーディーな対応を。

不動産は、大きな買い物です。ご納得いただいた上で、ご契約していただくために「より早く」「より分かりやすく」「より丁寧」なサポートを心がけています。

LinkIconお問い合わせ

収益物件コラム

はじめての不動産投資用マンション・収益物件

賃貸マンション管理委託システム

個人投資家向け収益物件シミュレーション