不動産コラム

不動産売買編

タワーマンションの防災

前回に引き続き、今回はタワーマンションの防災についてです。

防災の中でも火災は重大な心配事のひとつ。

もし、タワーマンションの1階で火災発生時、自分は高層階にいたら・・・と考えれば、
誰もが恐怖を感じるのではないでしょうか?

しかし、タワーマンションの火災を起こさないための設備は、最先端です。

例えば、ガス、電気の自動制御システムがついており、切り忘れや空焚きの場合、防止機能が働き未然に防いでくれます。

壁や床などは防火性能の高い物を使用しており、火災が起こったとしても、発生した部屋さえ閉め切れば延焼が最小限に防げる様に造られています。

万が一高層階で火災が発生した場合、タワーマンションの消火設備に関しても万全の備えがあります。
共用部分の廊下にもスプリンクラーや防火扉、防火シャッターが設置されており、各部屋にも火災報知機、強制排煙システムなど二重三重の防護策がとられております。

設備は最先端でも防火器具の使い方や避難方法を知らなければ意味をなしませんので、事前に使用方法などは知っておいた方が良いと思います。

 

コラム執筆者写真
コラム執筆:辻本貴至
(不動産営業経験 2年)


お客様の立場でご提案を。お気軽にご質問ください。

不動産は専門用語が多く難しい印象を受けることが多いと思います。丁寧に詳しくご説明いたしますので、なんなりとお聞きください。丁寧にサポートさせていただきます。

LinkIconお問い合わせ

お探しの不動産は見つかりましたか?お問い合わせで確実・最新情報を。

不動産アドバイス
お問い合わせで、お客様に代わって物件のリサーチを続け、市場に登場すればすぐにご案内いたします。
私たち不動産アドバイザーが、ご要望を細かくお伺いし、様々な切り口からあなたに合った物件をご提案いたします。

LinkIconこちらからお問い合わせください

賃貸マンション管理委託システム

個人投資家向け収益物件シミュレーション